2011年 04月 08日 ( 1 )

子供たちが学べますように!

こんにちわ。
横浜の山奥のWEB制作デザインオフィス*DaitenshI+(ダイテンシプラス)のかずま氏です。


もうすぐ大震災があってから1ヶ月。
気も少し緩んでた時に、昨夜の大きな余震でした。

自分も相当ビックリして、アワアワしましたが、東北地方の震源に近かった方は本当に怖かったと思います。
ようやく回復しつつあったライフラインも再び停止。

早く東北地方の避難生活を送っている方に笑顔で生活出来る時が来ることを切に願います。


ずっと自分に少しでも出来る事は何だろうかと考える日々。
そんな中、ネットをウロウロしていると偶然こんな言葉が飛び込んで来ました。

『もうすぐ新学期が始まりますが、子供たちが使う、ノートや鉛筆、ランドセル、リコーダー、裁縫道具、色鉛筆、絵具…など、全然足りなく困っています』

そこで、はじめて気付きました。
そうだ。子供たちは、新学期が始まるんだ。

以前、おはスタのキャラクター、怪人ゾナーのファンで買ったステーショナリーセット2セット。
今となっては、処分するにも勿体ないし、子供にあげようにも、小さい子供近所にいないしで、どうしようかと、処分に困っていました。

これだ!

と、すぐにネットで検索すると。
『子供たちに文房具を!』と、多くの団体で寄付の受付をしていましたが、どこも4月3日ぐらいで、募集を締切。
気付いた時には時は既に遅し。

でも、どこかでないかな?
きっとまだどこかで受付けているはず!

と必死に探しました。


被災地に送る文房具&絵本を集めます!


という一つのブログに辿り着き、ブログをみると、新品でなくてもいいそうなので、自室に眠っているノートや文房具類をかき集めました。

a0117514_13465957.jpg


鉛筆に関しては、自分が小学生の頃のものなんで20年以上のものですが、これがまた減らなくて…。
綺麗なものを一つ一つ拭いてケースに。
消しゴムも探してみたら、予備に買ってあったMONO消し3個セットや、他にも小学校の頃にコレクションしてた消しゴムたちも袋にまとめ、ホッチキスに関しては、3台あるので1台と予備の玉も一緒に。

文房具大好きなので、いろんな文具を無駄にもってる自分。
自分にも役に立てる事があったよ!と、ちょっと涙出ました。

翌日、早速発送させて頂いたので、もう受付窓口に届いているかと思います。


小さい子供たちに絵を描くための、クレヨンや色鉛筆!絵本など、お家に眠っているものがあれば、どうぞ送ってあげてください。


文房具は、消耗品。

まだまだ足りないかと思います。

生活用品もままならない状態だと思いますが、こんな状況でも、子供達には笑顔で学ぶ事はとても必用なこと。


子供たちが、笑顔で学べることを、心から願っています。
[PR]

by daitenshi-kaz | 2011-04-08 13:50